ツール

文字の入力とボタンのクリック、操作簡単エクセル家計簿

Kakeiboでの基本的な操作は、文字や数値の入力とボタンのクリックとなります。追加ボタン、削除ボタンをクリックすることにより、データを追加および削除することができます。また、並替ボタンをクリックすると、日付順にデータを並べ替えることができます。ここでは、収入と支出の入力について解説していきます。

1

給与と賞与の入力

メニューまたはタブより[給与と賞与1]または[給与と賞与2]をクリックします。 以下のシートに毎月決まった収入を入力します。

2

収入の入力

メニューまたはタブより[収入] をクリックします。 以下のシートに、給与と賞与以外の収入を入力します。

日付 日付を入力します。
収入項目 ドロップダウンリストより該当の収入項目を選択します。 L
金額 収入金額を入力します。
備考 備考を入力します。

L:ドロップダウンリストより選択

3

予算の入力

メニューまたはタブより[予算]をクリックします。 毎月決まった支出においては固定/変動毎、やりくり支出においては分類毎に毎月の予算を入力します。

4

毎月決まった支出の入力

メニューまたはタブより[毎月決まった支出]をクリックします。住居費、水道高熱費、通信費、保険・貯金、オプション(任意)、定期支払毎に支出データを入力します。

料金 支払金額を入力します。
支払日 支払日を入力します。支払方法がクレジットの場合は、銀行口座より支払いされる日を入力します。
備考 備考を入力します。

5

やりくり支出の入力

メニューまたはタブより[やりくり支出]をクリックします。以下のシートに日常的な支出を入力していきます。

*1 購入日 購入日を入力します。
*1 分類 ドロップダウンリストより該当の分類を選択します。 L
*1 費目 ドロップダウンリストより該当の費目を選択します。 L
購入品 購入したものを入力します。
購入先 購入先を入力します。
*1 金額 購入金額を入力します。
合算 クレジットカードでの支払いにおいて、一支払いに費目が複数ある場合、ドロップダウンリストよりY*を選択します。 L
支払方法 ドロップダウンリストより該当の支払方法(口座引落/クレジット/現金/その他)を選択します。 L
*2 支払い 支払方法で口座引落またはクレジットを選択した場合、ドロップダウンリストより該当する銀行口座またはクレジットカードを選択します。支払方法でその他を選択した場合は支払い媒体(Suica、電子マネー等)を入力します。 L1
*3 決済日 クレジットカードで支払う場合、決済日(銀行口座より支払いされる日)を入力します。
備考 備考を入力します。

L: ドロップダウンリストより選択

L1:支払方法で口座引落またはクレジットを選択した場合、ドロップダウンリストより選択

入力必須項目

*1:購入日、分類、費目、金額において、未入力のものがあると、サマリーのデータ集計に反映されません。

*2:支払方法で口座引落またはクレジットを選択した場合、必須入力となります。

*3:支払方法でクレジットを選択した場合、必須入力となります。

項目「合算」

Kakeibo Lightには、クレジット決済照合の機能がないため、項目「合算」がありません。

6

特別支出の入力

メニューまたはタブより[特別支出]をクリックします。 ここでは、旅行、住宅や車の購入など日常的な支出以外のものを入力します。このシートは[やりくり支出]とほぼ同様ですが、分類および費目の入力は必要ありません。

7

非計上支出の入力

メニューまたはタブより[非計上支出]をクリックします。ここでは、月間・年間サマリーの集計に含めたくないものを入力します。このシートは[やりくり支出]とほぼ同様ですが、分類および費目の入力は必要ありません。

ユーザーガイド – 設定
ユーザーガイド – 集計
ユーザーガイド – 支払

Kakeiboで自分の生活に合った費目を自由に設定前のページ

月間・年間の収支を見やすく表とグラフで表示次のページ

アーカイブ

ピックアップ商品

Kakeibo Pro 2021とKakeibo Light 2021は、エクセルで作成した2021年用のオリジナル家計簿ツールです。Kakeiboで予算管理、支払管理、家計分析が簡単にできます。

  1. ツール

    Kakeiboで自分の生活に合った費目を自由に設定
  2. ツール

    WoEmailツールでEメールマーケティング&コミュニケーション
  3. ツール

    Kakeibo で予算管理、支払管理、家計分析も簡単!
  4. ツール

    オリジナル機能で、クレジットカード、銀行口座の管理も簡単
  5. ツール

    メール送信エクセルツール「WoEmail」の使い方をご紹介
PAGE TOP