ツール

オリジナル機能で、クレジットカード、銀行口座の管理も簡単

Kakeibo Proには、支出シートに入力したクレジット決済金額とクレジットカード会社からの請求金額を照合するクレジット決済照合機能、銀行口座から自動引き落としされる金額およびDebit支払い金額を集計する銀行口座引落照会機能があります。ここでは、それらの機能の使い方について、詳しく解説していきます。

1

クレジットカード支払

メニューまたはタブより[クレジットカード支払]をクリックします。以下のシートに、クレジットカード会社からの請求金額を入力します。

2

クレジット決済照合

メニューまたはタブより[クレジット決済照合]をクリックします。ここでは、支出シートに入力されたクレジットカード支払い金額が集計され、クレジットカード会社からの請求金額との照合が行われます。

詳細照合

集計されたデータをクレジットカード会社で発行される明細とひとつひとつ照合します。手順は、以下のとおりです。

① クレジットカード会社のウェブサイトより、CSVファイル形式で明細データをダウンロードします。

② 明細データより利用日、適用、金額を抽出し、クレジットカード明細の欄にデータをコピー&貼付けします。

③ ドロップダウンリストより月およびクレジットカードを選択します。

④ [詳細照合]にチェックを付けます。

⑤ [実行]ボタンをクリックします。

⑥ 集計処理が行われ、下図のように照合結果が表示されます。

NOTE – 家計簿「照合」

集計されたデータとクレジットカードの明細データの照合において、日付と金額が一致した場合は、OKと表示さます。金額のみが一致した場合や一致した明細データがない場合は、Checkと表示され、ハイライトされます。金額が一致したデータには、クレジットカード明細のID番号が家計簿リストに入力されます。そのID番号をもとに、明細データと一致しているものであるかを確認します。一致していれば、CheckをクリアしてOKと入力します。OKに変更すると、データのハイライトが解除されます。

NOTE – クレジットカード明細「データ有」

家計簿リストに一致するデータがある場合は、Yesと表示されます。一致するデータがない場合はNoと表示され、ハイライトされます。家計簿リストのデータを確認し、明細と同じデータがある場合は、Yesと入力します。Yesに変更すると、データのハイライトが解除されます。

前年の家計簿参照

前年の家計簿に指定月の決済日が入力されている場合、以下の手順で照合を行います。

① ドロップダウンリストより月およびクレジットカードを選択します。

② [前年の家計簿参照]にチェックを付けます。

③ フォルダのアイコンをクリックし、表示されたファイル指定画面より、前年の家計簿ファイルを選択し、[OK]をクリックします。

④ [実行]ボタンをクリックします。

⑤ 下図のような画面が表示されます。前年の家計簿で管理していたクレジットカードの項目Noを入力し、[OK]をクリックします。

⑥ 集計処理が行われ、下図のように照合結果が表示されます。

3

銀行口座引落

メニューまたはタブより[銀行口座引落]をクリックします。ここでは、自動引落される金額およびDebitで支払された金額を集計します。手順は、以下のとおりです。

① 月および銀行口座をドロップダウンリストより選択します。

② [実行]ボタンをクリックします。

③ 集計された合計金額および明細データが表示されます。

ユーザーガイド – 設定
ユーザーガイド – 収入の支出の入力
ユーザーガイド – 集計

月間・年間の収支を見やすく表とグラフで表示前のページ

Kakeibo で予算管理、支払管理、家計分析も簡単!次のページ

アーカイブ

今週のピックアップ商品

Kakeibo Pro 2021は、エクセルで作成した2021年用のオリジナル家計簿ツールです。入力したデータは自動で計算され、月間・年間の集計表およびグラフで収支を確認することができます。

また、Kakeibo Pro 2021には、クレジット決済照合や銀行口座引落照会といった支払い管理に便利なオリジナル機能もあります。詳細については、こちらをご覧ください。

商品については、Etsy または Baseよりご覧いただけます。

  1. ツール

    WoEmailツールでEメールマーケティング&コミュニケーション
  2. WORD

    差し込み印刷で日付を和暦および全角で表示する方法
  3. ツール

    使用しているOSやアプリケーションが32ビット版か64ビット版かを確認する方法
  4. ツール

    オリジナル機能で、クレジットカード、銀行口座の管理も簡単
  5. ツール

    メール送信エクセルツール「WoEmail」の使い方をご紹介
PAGE TOP