EXCEL

エクセルの基礎知識

米国Microsoft社が開発した表計算のアプリケーションソフト「エクセル」。セルと呼ばれる枠の中に数値を入力して計算させたり、表を作成したり、グラフ化したりすることができます。使いこなすことができれば仕事や家庭での資料作成、データ集計がとても便利になります。

このレッスンでは、エクセルの基礎知識として、エクセルの概要、エクセルの基本要素、エクセルの画面構成について学んでいきます。

使用ソフト: Microsoft Excel 2019 (Office 365)

1

エクセルの概要

エクセルは入力されたデータを元に、計算、表の作成、グラフの作成など様々な機能を備えた表計算ソフトウェアです。エクセルには、主に以下のような機能があります。

1. 計算

セルに入力された値を元に、数式を入力して計算を行うことができます。データを変更すると、自動的に再計算されます。計算を行うための関数が豊富に用意されており、関数を組み合わせて使うことにより、高度な計算を瞬時に行うことができます。

2. 表の作成

表を作成するための様々な機能が用意されており、見やすく見栄えの良い表を作成することができます。

3. グラフの作成

入力されたデータを元に、簡単にグラフを作成することができます。グラフは棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、散布図など様々な種類のグラフを作成することができます。

4. データ管理

入力されたデータを並べ替えたり、条件を指定して特定のデータを抽出したりすることができます。大量なデータを管理するための便利な機能が用意されており、データベースとして使用することができます。

5. 作業の自動化

エクセルには「マクロの記録」という機能があります。一連の操作をマクロとして記録し、記録した一連の操作をまとめて実行することができます。頻繁に発生する操作をマクロとして記録することにより、同じ操作を繰り返し行う必要がなく、効率的に作業することができます。

2

エクセルの基本要素

エクセルの基本的な要素を説明します。

1. ブック

エクセルでは、ファイルのことを「ブック」と言います。 複数のブックを開いて、ウインドウを切り替えながら作業することができ、処理の対象となっているウィンドウを「アクティブウィンドウ」と言います。

2. シート

表やグラフなどを作成する領域を「ワークシート」または「シート」と言います。ブックには1枚のシートがあり、シートを挿入したり削除したりすることができます。処理の対象になっているシートを「アクティブシート」と言います。

3. セル

列と行が交わるひとつひとつのマス目のことを「セル」と言います。列番号と行番号で位置を表し、A列の5行目のセルは「A5」となります。処理の対象となっているセルを「アクティブセル」と言います。

4. 列番号

シートの列番号を示します。列番号[A]から列番号[XFD]まで16,384列あります。

5. 行番号

シートの行番号を示します。行番号[1]から行番号[1048576]まで1,048,576行あります。

3

エクセルの画面構成

エクセル画面の各部の名称や役割について説明します。

1. タイトルバー

ファイル名やアプリ名が表示されます。

2. クイックアクセスツールバー

よく使うコマンドを登録することができます。初期の設定では、上書き保存、元に戻す、やり直しの3つのコマンドが登録されています。

3. リボンの表示オプション

リボンの表示方法を変更します。

4. ウインドウの操作ボタン

[最小化] ウインドウが一時的に非表示になり、 タスクバーにアイコンで表示されます。
[最大化] ウインドウが最大化されて、画面全体に表示されます。※
[閉じる] エクセルを終了します。
※ウィンドウを最大すると、ボタンが[最大化]から[元に戻す]に切り替わります。

5. リボン

コマンドを実行するときに使います。関連する機能ごとに、タブに分類されています。

6. 名前ボックス

アクテイブセルの位置などが表示されます。

7. 数式バー

アクテイブセルの内容などが表示されます。

8. 数式バーの展開

数式バーを展開し、表示領域を拡大します。

9. 全セル選択ボタン

シート内のすべてのセルを選択します。

10. スクロールバー

シートの表示領域を移動します。

11. 見出しスクロールボタン

シート見出しの表示領域を移動します。

12. シート見出し

シートを識別するための見出しです。

13. 新しいシート

新しいシートを挿入します。

14. ステータスパー

現在の作業状況や処理手順が表示されます。

15. 表示選択ショートカット

表示モードを切り替えます。[標準]、[ページレイアウト]、[改ページプレビュー]に切り替えることができます。

16. ズーム

シートの表示倍率を変更します。

エクセル家計簿「Kakeibo」の使い方を詳しく解説前のページ

健康な体を維持して感染症を予防!次のページ

アーカイブ

ピックアップ商品

WoEmail は、Word、Outlook、Excelを使用してメールを自動作成および一斉送信するツールです。ビジネス、コミュニティ、友人や家族とのコミュニケーションなど、様々な用途にお使いいただけます。

  1. ツール

    エクセル家計簿「Kakeibo」の使い方を詳しく解説
  2. WORD

    【ワードの差し込み印刷】 エクセルデータを活用して文書を一括印刷
  3. EXCEL

    エクセルの基礎知識
  4. ツール

    Kakeiboで家計を整理整頓!使い方簡単、自由にカスタマイズ!
  5. ツール

    Kakeiboでセルに「#####」と表示されたときの対応策
PAGE TOP