WORD

差し込み印刷で日付を和暦および全角で表示する方法

差し込み印刷で挿入された日付は「7/1/2020」という形式で表示されます。ワードの差し込み文書には、エクセル上で設定されている書式は反映されません。ここでは、日付を和暦で表示し、和暦表示された日付を全角で表示する2つの方法をご紹介します。

1

方法1 : 差し込みフィールドに書式設定を追加する

日付の差し込みフィールドに書式設定を追加して、日付を和暦で表示し、和暦表示された日付を全角で表示する方法をご紹介します。

和暦で表示する

① 申込日の差し込みフィールドをクリックします。フィールドがグレーで表示されます。

② [Shift]+[F9] キーを押して、フィールドコードを表示します。

③ フィールドコードの「}」の前をクリックして「¥@」と入力します。
「¥@」は日付や時刻の表示形式を設定するためのスイッチ記号です。

④「¥@」の後ろに「”ggge年M月d日”」と入力します。
Mだけ大文字で入力します。大文字の「M」はmonth(月)、小文字の「m」はminute(分)で使われる表示形式です。

⑤ [差し込み文書]タブの[結果のプレビュー]グループの[結果のプレビュー]をクリックし、和暦の表示に変更されたことを確認します。書式が反映されていない場合は、[F9]キーを押すと変更が更新されます。

全角で表示する

全角に変換するスイッチ「¥* DBCHAR」を追加します。

① 申込日の差し込みフィールドをクリックし、[Shift]+[F9] キーを押してフィールドコードを表示します。

② 以下のように「¥* DBCHAR」を「¥@ ”ggge年M月d日”」の後ろに追加します。

③ [差し込み文書]タブの[結果のプレビュー]グループの[結果のプレビュー]をクリックし、全角表示に変更されたことを確認します。書式が反映されていない場合は、[F9]キーを押すと変更が更新されます。

ファンクションキー
[Shift] + [F9] 1つフィールドコードの表示/非表示
[Alt] + [F9] 全てのフィールドコードの表示/非表示
[F9] 変更を更新
書式設定のサンプル
2020/7/1 {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “yyyy/M/d”}
2020/07/01 {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “yyyy/MM/dd”}
2020年7月1日 {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “yyyy年M月d日”}
令和2年7月1日(水) {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “ggge年M月d日(aaa)”}
令和2年7月1日 水曜日 {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “ggge年M月d日 aaa曜日”}
令和二年七月一日 {MERGEFIELD 申込日 ¥@ “gggE年O月A日”}

2

方法2 : エクセルで関数を使用する

エクセルシート上で、関数を使用して日付を全角の和暦に変換し、それをワード文書に差し込む方法をご紹介します。

① データ元となるエクセルファイルを開きます。

② セルF1に「申込日(和暦)」と入力してフィールドを追加します。

③ セルF2に計算式「=JIS((TEXT(E2, “ggge年m月d日”))」と入力します。

④ 入力した計算式をコピーし、全データ分、貼り付けます。

⑤ エクセルファイルを保存して閉じます。

⑥ ワード文書を開き、[差し込み文書]タブをクリックします。

⑦ 差し込みフィールド「<<申込日>>」の後ろにカーソルを移動し、[Delete]キーを押します。「<<申込日>>」が削除されます。

⑧「申込日:」の後にカーソルを移動し、[文章入力とフィールドの挿入]グループの[差し込みフィールドの挿入]の下向き矢印をクリックし、[申込日(和暦)]を選択します。
「<<申込日(和暦)>>」が入力されます。

⑨ [結果のプレビュー]グループの[結果のプレビュー]をクリックし、データが挿入されたことを確認します。

書式設定のサンプル
2020/7/1 =TEXT(E2, “yyyy/m/d”)
2020/07/01 =TEXT(E2, “yyyy/mm/dd”)
2020年7月1日 =TEXT(E2, “yyyy年m月d日”)
令和2年7月1日(水) =TEXT(E2, “ggge年m月d日(aaa)”)
令和2年7月1日 水曜日 =TEXT(E2, “ggge年m月d日 aaa曜日”)
令和二年七月一日 =TEXT(E2, “[DBNum1] ggge年m月d日”
値を文字列として入力

エクセルで数値や日付を文字列として入力するには「’2020/7/1」のように日付や数値の前にアポストロフィー「’」を入力します。

【ワードの差し込み印刷】 エクセルデータを活用して文書を一括印刷前のページ

使用しているOSやアプリケーションが32ビット版か64ビット版かを確認する方法次のページ

アーカイブ

ピックアップ商品

WoEmail は、Word、Outlook、Excelを使用してメールを自動作成および一斉送信するツールです。ビジネス、コミュニティ、友人や家族とのコミュニケーションなど、様々な用途にお使いいただけます。

  1. ツール

    Kakeiboでセルに「#####」と表示されたときの対応策
  2. ツール

    使用しているOSやアプリケーションが32ビット版か64ビット版かを確認する方法
  3. ツール

    WoEmailツールでEメールマーケティング&コミュニケーション
  4. EXCEL

    エクセルの基礎知識
  5. WORD

    【ワードの差し込み印刷】 エクセルデータを活用して文書を一括印刷
PAGE TOP